お金持ちしか持てない?実は貧乏な人に役立つのがクレジットカード

クレジットカードはお金持ちの人が持つものだと思われてがちですが、むしろ貧乏な人こそ持ったほうが良いといえる一面があります。

貧乏な人には一見無縁そうなクレジットカードですが、どんなところが貧乏な人にとって嬉しいのかをこれから取り上げてみましょう。

ポイントが貯まっていくのは素直に嬉しい

私がそうなのですが、クレジットカードを使うことでポイントを貯められるのは素直に嬉しいですよね。

私は貧乏だと自覚していますが、だからこそクレジットカードのポイントがまるで臨時ボーナスのように思えて貯まっていくのが楽しいです。

貧乏なのでお金をたくさん使えるわけではありませんから、ポイントの貯まり具合はそれほどよくはありません。

年間で換算しても、子どものお小遣い程度にしかならないです。

ですが貧乏な人にとって千円2千円は決して軽んじて良い額のお金ではないですから、クレジットカードを持つことによって獲得できるポイントは、日々の楽しみに十分なりますよ。

そこがまず貧乏な人には嬉しい点ですね。

クレジットカードを使えば支払いの先送りが可能

給料日をはじめとした収入を受け取れる日の直前は、貧乏な人だと極端な金欠になっていることが珍しくありませんよね。

場合によってお財布の中に数百円しかない、そんなこともあるでしょう。

もしも現金だけしか持っていなかったら、お店で何も買えなくなってしまいます。

それこそ食料品すら、買うことができません。

貧乏だとお金のやり繰りを間違えてしまった時すっからかんになることが、たまにありますよね。

ですがそんな時でもクレジットカードを持っていれば、支払いの先送りが可能です。

とりあえず買いたい物をクレジットカードで買い、請求日までに支払い口座へ入金させておけばそれでトラブルにはなりません。

つまり支払いを先送りすることでとりあえず物を先に手にできる、このメリットが貧乏な人にとっては非常に大きいです。

だからといって無造作に物を買っていたらいつかお金のやり繰りに窮してしまいますので、どう使うのかはよく考えないといけません。

ですが貧乏だからこそ日々の買い物で困るケースは少なくないですし、そんな時こそクレジットカードの出番ですよね。

貧乏な人はクレジットカードを活用できるシーンが多い

貧乏な人はお金の悩みを抱えやすいですが、それゆえにクレジットカードを活用できるシーンは意外と多いですよね。

ポイントを貯めていくことは楽しいですし、現金がない時の支払いにも役立ちます。

ですから貧乏な人は、クレジットカードを持っておいて無駄にならないでしょう。